脇部分の色なきのシミ抜き事例

 

福井県越前市にあるカワイクリーニングのキレイにしたいを叶えたい修復師、河合隆輝です

 

まだ5月ですが、暑い日が続いていますね!工場の中も汗が流れる暑さになってきました(^_^;)

 

今回はニットの脇部分の色泣き(色流れ)のシミ抜き事例をご紹介致します。

染色が弱い製品は汗の影響で色泣き(色流れ)が起きることがあります。

汗が衣類に残った状態で時間が経つと、汗によって生地がアルカリ性になり、色が流れやすくなります。この写真の品物は一度着用され、色が流れやすくなった状態の時に着用され、汗をかかれたのではないでしょうか???それで汗と一緒に色が流れ出たのではと推測します。

 

汗などの汚れが衣類に残った状態にしておくことは、生地の変色、溶解、虫喰い、色泣きなどのリスクが高まりキケンです!!汚れたら洗いましょう!!

 

色泣きしてしまったニットも写真の通り元通り(^ω^)v

諦めずに一度ご相談ください☆彡

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

November 20, 2017