透明な汚れ→黄色→茶色に(゚д゚lll)

February 27, 2017

こんばんは!

福井県越前市の「キレイにしたい」を叶えたいクリーニング店 カワイクリーニングの修復師 河合隆輝です。

 

少し久々の投稿です(^^;

 

今回は襦袢の古い黄変のしみぬき事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

知らない間に付いてしまっていた汚れ(汗など透明な汚れ)でも時間が経つと黄色くなって、最悪のケース、茶色にまでなってしまいます。

 

茶色まで黄変が進んでしまうと、完全にはキレイにすることができません。

黄変により繊維が弱ってしまっている場合もあるので、少し触っただけでも穴があいてしまうこともあります。

シミ取りをしているコチラも、もう少し…もう少し…とキレイにする為に無理をしたいところですが、あまり無理をしてしまうと、取り返しがつかない事になってしまう場合もあり、非常に怖いんです(;´Д`)

 

正直、取れないものは取れません。ごめんなさい。

 

漂白処理で茶色から綺麗な黄色になったら、あとは染色補正で黄色みをぼかして終了です。

 

今回の事例は黄変がきつかったため、はじめに比べればましにはなりましたが、完全にキレイにすることはできませんでした。

 

汚れは放っておくと色が変わって、最悪、茶色にまで色が変わってしまいます。

今回は襦袢での事例でしたが、お洋服でも同じことが言えます。

 

変色を防いだり、軽減させる方法は汚れを取ることしかありません!

お洋服、着物をお召しになったらクリーニングをお願いしますm(_ _)m

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

November 20, 2017